ピアノとラジオ体操

シュクレ・ピアノ教室

シュクレ・ピアノ教室です。
広島市中区舟入のピアノ教室。
現在、出張レッスンのみ、生徒さんを募集しています^^

永遠に続くかと思われた暑い暑い夏も、ようやく終わりが近づいて来ましたね。
朝、外に出たときの心地よいこと!
体がほっとします^^

私が子供の頃は、これくらいの暑さが通常の夏でした。
朝6時半からラジオ体操へ行き、「朝まだ涼しいうちに」夏休みの宿題をしていました。
昨今の「朝の涼しい時間」がない夏休みは、子供たちにとっても過酷なようですね…
この夏はラジオ体操で熱中症になったという話もちらほら耳にしました。

ラジオ体操といえば、テレビでラジオ体操を見るのにはまっていた時期があります。
「テレビ体操」ですね。
もしご覧になる機会があれば、ぜひピアノの伴奏の音に耳を傾けてみてください。
非常に面白いですよ。

速くなったりゆっくりになったり、めまぐるしく変わるテンポ…
体をそらしたり前へかがめる動きの時には、体操に合わせて見事にテンポを揺らし、
様々な動きの種類に合わせて音色を変え・・・と、なんとも素晴らしい演奏です!

ご存じかと思いますが、ラジオ体操のピアノの伴奏者は、複数名いらっしゃいます。
それぞれ演奏に個性があり、毎日聴いていると「あぁこの人のラジオ体操、好きじゃわ!!」という人が^^;
・・・書いていると久しぶりにテレビ体操を見たく(聴きたく)なってきました(笑)

写真の楽譜は、今練習しているScott Joplinの「Pineapple Rag」。
「いきなり!黄金伝説」の1ヶ月1万円生活のBGMで使われている曲です^^
私、音大ではクラシックばかり弾いていましたが、JAZZやラグタイムが大好きなんです。
楽譜のまま弾くんじゃ面白くないので、スウィングさせて重たく弾いてます(*´-`)

シュクレ・ピアノ教室

メダカ

シュクレ・ピアノ教室

シュクレ・ピアノ教室です。
酷暑が続いていますが、体調を崩されていませんか・・・
私は先日、熱中症の症状が出て、点滴を打ってもらいました(;´▽`A
お医者さんによると、朝一杯のお味噌汁か梅干しがいいそうです。
その後もどうも体調がすっきりせず、間違いなく夏バテ・・・
体の中に熱がこもっているような感じがして、冷やそうと冷たいものを摂りすぎたからだと思います。
暖かい番茶に梅干しを入れて飲んだり、足を冷やさないようにしたりと、色々と工夫し始めてから、幾分楽になってきました。

写真は、うちの金魚鉢。
右側が青メダカ、左側が白メダカです。
涼しげに泳いでいる様子を見ていると、あっという間に時間が経ってしまいます。
お店の人に聞いたところ、品種改良しているメダカの方が、ヒメダカ等本来の種よりも強いんですって(O_O)

明日からまた暑い1週間の始まりです。
水分と塩分をちゃんと摂りながら、乗り切ろうと思います^^

シュクレ・ピアノ教室

ピアノのレッスンは楽しい?苦痛?

広島市中区舟入にあるピアノ教室、シュクレ・ピアノ教室です。
ピアノ、楽しんでいますか?(*´-`)

私は5歳の時、幼稚園内に併設されていたオルガン教室に通い、その後、エレクトーンとピアノを習いました。
幼稚園の卒園アルバムには、生意気にも「がっきのせんせいになりたい」と書いてあります(笑)

子供の頃は、ピアノやエレクトーンで遊ぶのが大好きでした。
練習は15分くらいしかせず、
その頃流行っていた歌や、アニメの主題歌などを延々と好き勝手に弾き続けていました。
イメージで言うと、リコーダーを学校で習い始めた頃に、チャルメラのメロディーを吹くような感じ。
ドラえもんの主題歌のメロディーを右手で弾いて、
適当にコードを付けて左手で伴奏を、
そして歌以外のメロディーの部分を間に挟んで厚みをつけていく・・・
こんなことをして毎日遊んでいました。

当時の私にとっては、ピアノは楽しいおもちゃのような存在でしたが、
誰にとってもそうとは限らないようです。

先日、同年代で、ピアノを習ったことがある女性が5~6名集まる機会があったので、聞いてみました。

・・・何か弾ける曲、ある?
→全員が「1曲もない」

・・・先生はどんな先生だった?
→全員が「怖い先生だった」
レッスン後に泣きながら帰ったというエピソードを語ってくれた人も複数名!

誰からも、ピアノを習っていた頃、楽しかった!という声は聴けませんでした(^_^;)

私が教わった先生の中にも、怖い先生はいましたが、
ありがたいことに、私はピアノで遊ぶ方法を子供の頃に教わりました。
そのおかげで、大人になった今でも、日常的に音楽を楽しめています^^

シュクレ・ピアノ教室

ピアノとキーボード(2)「ピアノとキーボードの違い」

シュクレ・ピアノ教室です。
当ピアノ教室は広島市中区舟入にあります。
現在、横川−江波線の沿線で、土曜日の出張レッスンの生徒さんを募集しています^^
5歳から小学6年生までのお子さんで、ピアノを始めたいと思っている方、以前習っていたけどまた再開したいと思っている方・・・
もしシュクレ・ピアノ教室に興味をもっていただけましたら、お問合せフォームからお気軽にご連絡くださいませ。

今日は、ピアノとキーボードの違いについて。

私は子供の頃、ピアノとエレクトーンを習っていました。
エレクトーンの鍵盤は、いわゆるキーボードと同じような感じ。
キーボードの鍵盤は薄くて、とても軽いタッチです。
横から見ると、こんな感じ↓

キーボードの鍵盤

私が愛用しているCASIOのSA-76です。
猫が鍵盤の上を歩いても、ちゃんと音が出ますが、強く弾いても大きい音は出ません。

それに対して、アップライトピアノやグランドピアノ、電子ピアノの鍵盤は、こんな感じ↓

ピアノの鍵盤

こちらは私が普段弾いている、KORGのSP-170という電子ピアノです。
鍵盤、分厚いです。
そーっと鍵盤を押さえると、音がしません。
強く弾くと、大きな音がします。
CASIOのSA-76の場合は、ボリュームを調整するつまみをスライドさせて、音の大きさを変えます。

ピアノとエレクトーンの両方を習っていた子供の頃、私はエレクトーンの方が好きでした。
理由は「色んな音が出るから」。
先程のCASIOのキーボードも、小さいのに100種類の音色が出せます。
使う音色は、数種類に限られてきますが…(^_^;)

・・・と書くと、ピアノは1種類の音色しか出ないと思われそうですが、実はそうではありません。
弾き方によって、やわらかい音、硬い音、重い音や軽い音、深い音やキラキラした音など、無限に様々な音色を出せるのです。

最近の「電子ピアノ」の音は、「ピアノ」の音にますます近づいているそうです。
鍵盤のタッチもですが、内臓されているスピーカーの技術がどんどん進み、グランドピアノの音にかなり近くなっているそうです。
もちろん、電子ピアノと、アップライトピアノやグランドピアノは別の楽器で、音やキーのタッチは同じではありませんが、キーボードと比較すると、ピアノと同じような表現が可能です。
キーボードとピアノ。
同じ鍵盤楽器ですが、表現の仕方が変わってきます。

ピアノを始めたいけど、まだキーボードも何も手元にない場合、最初にお話しを伺う際に、ご相談に乗ります^^

シュクレ・ピアノ教室

ピアノとキーボード(1)「ピアノを持っていない?」

キーボード
広島市中区にあるピアノ教室、シュクレ・ピアノ教室です。
少しずつ、私のことも書いていこうと思います^^

現在、シュクレ・ピアノ教室では、土曜日のみ生徒さんを募集しています。
以前、地元の海田町と、安佐南区緑井のアサ楽器でピアノの講師をしていました。
その頃、生徒さんのお母さまから何度か尋ねられた質問・・・

「ピアノを持っていないんです… 小さいキーボードならあるんですけど…」

当時、20代後半だった私は、必ずこう答えていました。

「最初はそれで十分ですよ! ただ、やはり、ピアノとはタッチが違うので・・・」

今なら、そう答えることはありません。

「小さいキーボードで十分です」

もちろん、ピアノで高校や大学を目指す生徒さんには、そんなアドバイスはしません。
アップライトピアノとグランドピアノでさえ、タッチが全然異なるからです。

私が今、これからピアノを始めようと思っているお子さんや、ピアノのレッスンを再開したいと思っている方にいちばんに伝えたいことは、音楽の楽しさです。
ピアノを使って、人生をもっと楽しくする方法です。

写真のキーボードは、私が愛用しているCASIOのSA-76。
ピアノの鍵盤は88鍵ですが、これは44鍵。
それもミニ鍵盤。
通常のピアノより鍵盤の幅が狭く、長さも短い。
乾電池式(単3が6本)だし、重さは2キロととっても軽いので、ケースに入れてあちこち持ち歩いています。

こんなキーボードさえあれば、いろーーんなことが学べます^^

シュクレ・ピアノ教室

ホームページ開設しました

シュクレ・ピアノ教室
シュクレ・ピアノ教室のホームページを開設いたしました。
これから当教室とピアノ講師についての情報を発信して参ります。

現在、シュクレ・ピアノ教室では、土曜日の出張レッスンのみ、生徒さんを募集しています。
出張ピアノレッスンの対象となる地域は、広電の横川−江波線の沿線。
下記電停の周辺です。

横川駅
横川一丁目
別院前
寺町
十日市町
土橋
舟入町
舟入本町
舟入幸町
舟入川口町
舟入南町
江波

5歳から小学6年生までのお子さんを対象としていますが、今後、他の地域や大人の方へのレッスンへもご対応させていただく予定です。
(詳しくはお問合せフォームからお尋ねください)

シュクレ・ピアノ教室では、ピアノを通して、生徒さんの夢を叶えるお手伝いをしています。

弾いてみたい曲がある
コードで好きな歌を弾きたい
ソナチネやソナタを弾けるようになりたい
・・・・・

どんなことができるようになりたい?
まずは、お話しを聞かせてください。
クラシックピアノの演奏だけせなく、アレンジや作曲、クラシック以外の音楽にも携わってきたピアノ講師が、持っているスキルをすべて生かして、レッスンを行います。

「子供の頃、ピアノを習っていたのに、今は何も弾けない・・・」
そんなんじゃぁつまんないです・・・
音楽で人生を楽しんでいる大人は、実はたくさんいます^^

シュクレ・ピアノ教室